カテゴリトップ > 交換・説明書 > 引違戸(玄関錠) > WEST万能引戸錠#355の切欠き寸法

WEST万能引戸錠#355の切欠き寸法

3には扉厚が33mm〜40mmの場合には付属のアタッチメントをつけます
4はスペーサーをはめた状態)

切欠き」への対応

これまで取りつけてあった、引戸錠を外すと四角い穴が開いています。
この穴を「切欠き」といいます。この穴の縦と横の寸法を測ります。

横20mm〜26mm縦110mm〜150mm 以下であれば、特別に加工を施さなくても4のように
付属のスペーサー5を使ってWEST万能引戸錠 #355を取付けられます

扉の厚みへの対応

扉の厚みや 扉と扉の隙間の空き具合等には、色々なケースがあります。

WEST万能引戸錠 #355そのままでぴたっと取付けられる場合もありますし、
隙間が生じることもあります。

この部分の隙間を埋めるのに小さい方のスペーサー6を使います。

1-2-3-4 スペーサーの使い方は非常に簡単で、のパーツを扉に仮組み立てして、
隙間の生じている部分のパーツに隙間に応じて枚数を加減してはめるだけです。

WEST万能引戸錠#355
WEST万能引戸錠#355    
WEST#355 ←ご注文はこちらへ
交換可能な「今、取付けてある引違錠」の判定
WEST万能引戸錠#355寸法図
切欠き寸法について
【超簡単 !図解による取替え説明】

WEST万能面付鎌錠#430戸先専用
引違戸(玄関錠)の鍵の交換について、よくわからない場合は、こちら