MIWA LA・MA、LASP、13LAレバーハンドル錠取り替え・交換方法(説明書)

段付きフロントプレートのLAレバーハンドル錠、MIWA LASPの刻印がある場合の取外し例
※写真のドアは【サムターン回し対策品防犯サムターンEGG(エッグ)】が取付けられています。

取外し、取付け要領は、MIWA LA・MA・LASP共に同じです。


マイナスドライバーとプラスドライバーで取替え(交換)できます。
まずドアを開けたら、取替えが完了するまでドアが閉まらないように固定しておいてください。

レバーハンドルの取外し

【1】部屋内の方からレバーハンドルを取外します。レバーハンドルのところをよく見るとボルトが見つかるはずです。ゆっくりと取外します。
【1-1】
ボルトを緩めていきます。
【1-2】
レバーハンドルを引っ張ると外れます。
【1-3】
室外側レバーハンドルも外れます。

【2】室内側のローズを取外します。
【2-1】切欠にマイナスドライバーの先端をあてて、こねるようにして 【2-2】ローズを台座から外します。

【3】室内外のレバーハンドル丸台座を取外します。
【3-1】2ヶ所のビスを取外しますと 【3-2】室内側が外れると、同時に 【3-3】室外側の台座とローズが外れます。


シリンダーの取外し

【4】フロント部分(金属プレート)の上下の2個のビスを外します。(赤丸印のところの2ヶ所のビス)
【4−1】上下の2ヶ所のビスを外します。 【4−2】フロントが外れました。

【5】室内側サムターンと室外側シリンダーを取外します。
4個の釘タイプの金属の棒(シリンダー固定ピン)が差込んであります。
このシリンダーを固定するための留めピンは、
室外側の縦に2本のピンが室外側のシリンダーを固定し、
室内側の縦に2本が室内側のサムターンを固定しています。
これらの固定ピンを引き抜きます。

※取付け時には、ドライバーの後ろなどで軽くコンコンと叩いて完全に押し込みます。

【6】シリンダー固定ピンを抜きます。

これで取外しは完了です。

取付け手順は、上記と逆の工程をやっていけば完了します。



LAレバーハンドルの交換