カテゴリトップ > 交換・説明書 > 勝手口錠 > 勝手口用ドアノブの交換(取替え)方法

勝手口用ドアノブの交換(取替え)方法


この【MIWA製】タイプは、勝手口によく使われています。 品番(刻印)を確認しましょう。(右写真)




この【MIWA製】タイプは、部屋内側のドアノブの付け根あたりの下の方に直径2〜3mmの「首穴」があります。この穴に先が細い金属棒を刺し込むとノブが簡単に外れます。

チェックのために取り外された場合は、元に戻しましょう。戻し方は、手にしているノブをそのまま押し込んだら元に戻ります。



この首穴に金属棒を差し込みます。
部屋内側のドアノブが外れます。


部屋内側の座金が残りました。この座金は、 2つのビスで本体を結合させています。取り外しましょう。


ドアノブが、外れます。

←部屋内側   部屋の外側→


十字ドライバーと先の尖った金属棒だけで取り外しました。取り付けは、十字ドライバーだけで取り付けできます。


【ワンポイント】
「1」が半月芯です。そして、「2」が角芯です。
取り付ける時にこの部分を良く見ながらセットしてください。

注意! 上記の交換で使われているドアノブは既に廃盤になっています。

同じドアノブがほしい場合は代替品であるM-66をご購入ください。
カギのドクター


MUL-T-LOCK(マルティロック)ドアノブとシリンダー一体型は、こちら

前のページはこちら