鍵の鉄人本店

知って得する鍵の知識_2

キーとは?
鍵という時、シリンダー部分を指して言う場合もあり、本体のことを言う場合もあり、開閉するキーのことを指している場合もあります。合鍵という時にはこのキーのことを言っています。

鍵のメーカーとは?
美和ロック(MIWA)、ゴール(GOAL)、西製作所(WEST)、アルファ(ALPHA)、ショウワ(SHOWA)、エイ・エス・アイ、日本カバ(KABA STAR)、マルティロック(MUL-T-LOCK)などたくさんの鍵のメーカーがあります。
国内のメーカーでシェア第1位は、美和ロック(MIWA)です。しかし、一戸建てのシェアの第1位は、西製作所(WEST)のようです。アルファ(ALPHA)は、ロッカーなどのジャンルに強いですね。日産自動車のキーシリンダーも作っているメーカーです。海外のメーカーで信頼と実績を持っているのが、日本カバのKABA STARやマルティロック(MUL-T-LOCK)です。


シリンダーとは?
シリンダー(=日本語で、「筒」)とは、キーで操作して施錠、開錠する部分です。
キーを差し込んで回してみると、キーと一緒に回転するパーツと、固定されたパーツに分かれますが、前者を「内筒」、後者を「外筒」と言います。
この内筒と外筒が合体したものが「シリンダー」です。
シリンダーの種類は、各メーカーによって、独自のものを作っています。違いはその構造にあります。防犯面から比較すると、

●ディスクシリンダー
・従来のものは、ピッキングに弱いため交換をお勧めします。(キーの両面にカギ山が刻まれています。)
●ピンシリンダー
・従来のものは、防犯性は高くありませんが、近年のものは、防犯性が高いものが販売されています。(キーの片面にカギ山が刻まれています。)
●マグネットシリンダー
・電子キーと呼ばれて久しいですが、今でも防犯性は高い部類です。(キーの側面にマグネットが埋め込まれています。)
●ロータリーシリンダー
現在は破壊されにくい改良型となり、防犯性は高い。(キーの両面にカギ山が刻まれています。)


錠前とは?
図 1を総称して錠前といいます。

サムターンとは?
ドアの室内側についている施錠、開錠のためのひねり金具のことをサムターンといいます。

防犯サムターンのページは、こちら




▼サムターンサムターン
スペーシングとは?  
サムターン(または、シリンダー)の中心からドアノブ(レバーハンドル)の中心までの垂直方向の距離のことです。
スペーシングとは



主錠とは?
メインに付いている錠のことで、防犯対策上もう一つ取り付ける錠を補助錠と言います。

自動施錠タイプとは、?
扉を閉めると常に自動的に施錠され、外部からはキ−でしか解錠できないタイプ(ホテル客室等)。

ドアの厚みとは?
ドアの種類が多様化することによって、取り付けてある玄関錠の 種類もデザイン重視からセキュリティの高いものに視点が移行し てきました。大変いいことだと思いますが、インターネットで、 買い物をする時に「ドアの厚みは?」と、いう項目に引っかかり ます。
従来のドアであれば、シンプルであったため正味のドアの厚みも 測りやすかったのですが、先述したようにシリンダーの回りにエ スカッション(装飾用の座金、補助的な座金など)がデザイン的に 取り付けてある場合があったりしてドアの厚みの測り方も難しく なってきました。

そこで、正確なドアの厚みの測り方をサンプリングしました。
こちらからどうぞ


握玉(にぎりだま)とは?
ラッチボルトを後退させるための玉状の取っ手。ノブともいう。

図2 参照
鍵・シリンダーの手入れ
玄関のキーを鍵穴に入れたとき、チョット入れにくくなったりしませんか?
こんなときは、チョットした秘訣でスムーズにキーの抜き差しができるようになります。

【やり方】
キーのすべての切り込み部を鉛筆(先端の黒芯)で、なぞるように黒くぬっていきます。あま り塗りにくいのですが、粘り強くやっていきます。黒い粉が付いた状態で、鍵穴に押入し、数 回抜き差ししてみてください。
次に左右に回転させて、施錠・開錠してみてください。ビックリするほどスムーズになる場合 があります。
玄関の鍵だけでなく車の鍵や机の鍵でも同様です。やってみましょう。長持ちしますよ。

【お役立て情報】
鉛筆の変わりに「鍵穴のくすり」という商品がホームセンターなどで販売されています。
非常に便利です。

鍵・シリンダーの手入れ
 框(かまち)
 
  框
アルミサッシのドアの外周枠を框(かまち)といいます。
 煙返し(けむりがえし)    
  煙返し
ドア枠側にドアと枠の隙間をなくすためについています。

目次へ